新型 肺炎 と は。 新型コロナ肺炎に朗報、専門医も期待を寄せる「オルベスコ」の効果:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

新型肺炎が心配で仕事休んだ 賃金もらえる?補償ある? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 肺炎 と は

(情報は配信日時点のものです) そのほかの「ミニ知識」は。 以下にまとめました。 なお、空気感染は確認されていないとしている。 飛沫感染は、くしゃみやせきといった感染者の飛沫と一緒に放出されたウイルスを吸い込んで感染すること。 接触感染は、ウイルスが付いたドアノブなどを握った手で口や鼻などを触ることで起こる感染をいう。 洗う際には手のひらや手の甲だけでなく、爪の間や指の間、手首などもまんべんなく洗う必要がある。 時間は少なくとも20秒ほど。 泡が残らないよう、しっかりすすぐことも重要だ。 正しい手の洗い方=厚生労働省ホームページより転載 アルコール消毒も有効だ。 その仕方はアルコールを含んだ消毒薬を手のひらにたっぷり取り、両手全体にまんべんなく広げてすり込んでいく。 両手が乾いた状態になったら完了で、正しく行うと20秒くらいかかる。 最後に手をふかないので、清潔なタオルなどが手近にない場合でもできる。 また、できるだけ人混みを避けることや体力を落とさないよう食事や睡眠をしっかり取ることも意識する必要がある。 品薄が続くマスクについて、厚労省は咳やくしゃみなどの症状のある人は積極的につけるよう呼び掛けているが、 感染予防を目的とした着用に関しては「混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていません」と明記している ( )。

次の

新型コロナウイルス感染症について

新型 肺炎 と は

(情報は配信日時点のものです) そのほかの「ミニ知識」は。 以下にまとめました。 なお、空気感染は確認されていないとしている。 飛沫感染は、くしゃみやせきといった感染者の飛沫と一緒に放出されたウイルスを吸い込んで感染すること。 接触感染は、ウイルスが付いたドアノブなどを握った手で口や鼻などを触ることで起こる感染をいう。 洗う際には手のひらや手の甲だけでなく、爪の間や指の間、手首などもまんべんなく洗う必要がある。 時間は少なくとも20秒ほど。 泡が残らないよう、しっかりすすぐことも重要だ。 正しい手の洗い方=厚生労働省ホームページより転載 アルコール消毒も有効だ。 その仕方はアルコールを含んだ消毒薬を手のひらにたっぷり取り、両手全体にまんべんなく広げてすり込んでいく。 両手が乾いた状態になったら完了で、正しく行うと20秒くらいかかる。 最後に手をふかないので、清潔なタオルなどが手近にない場合でもできる。 また、できるだけ人混みを避けることや体力を落とさないよう食事や睡眠をしっかり取ることも意識する必要がある。 品薄が続くマスクについて、厚労省は咳やくしゃみなどの症状のある人は積極的につけるよう呼び掛けているが、 感染予防を目的とした着用に関しては「混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていません」と明記している ( )。

次の

新型肺炎が心配で仕事休んだ 賃金もらえる?補償ある? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 肺炎 と は

当初、中国当局は「人から人への感染の証拠はない」とし、日本の厚生労働省も「通常の生活をしている人が感染するリスクは極めて低い」と高を括っていた。 しかし、感染者が武漢市以外の北京、広東省、上海など中国のほかの地域や、韓国、台湾、日本、タイ、米国、フランス、オーストラリアなどでも確認され、世界の「新型肺炎」に対する認識が変わってきた。 27日までの「新型肺炎」の発症者は中国全土で2700人以上、死者は80人になった。 「人から人へ感染している可能性が非常に強い」(1月20日:北京大学・王月丹教授) 「空港などでの水際対策をしっかりとる」(1月21日:国土交通省) 「中国からの入国時の検疫体制を強化する」(1月21日:加藤勝信厚生労働大臣) 新型肺炎の病原体は「 コロナウイルス」とされている。 人に感染症を起こすコロナウイルスは数種類確認されているが、感染しても風邪などの軽い症状を起こす者がほとんどだ。 しかし、コロナウイルスのなかには、2002~03年に中国で流行した「SARS(重症急性呼吸器症候群)」や中東地域で今も発生している「MERS(中東呼吸器症候群)」のように重篤化するものもある。 SARSは罹患者8069人、死亡者775人で致死率は9. MERSは罹患者2494人、死亡者858人で死亡率は34. 4%と、一般の肺炎の致死率の数倍にもなる。 新型肺炎の病原体のコロナウイルスがSARSのそれと遺伝子構造が似ており、事は穏やかではない。 03年当時、SARSは春節(中国の旧正月)の帰省ラッシュで莫大な数の旅行者が移動したため急速に感染が拡大したとされている。 今年の春節は1月24~30日で、その前後も合わせると約30億人の中国人が移動するという。 日本にも毎年1月、2月には月間約70万人の中国人観光客が訪れるので、 新型肺炎の日本での流行も心配になってくる。 検疫の効果も限定的である。 肺炎の潜伏期に入国されたら、「発熱」などによるチェックができない。 とにかく体を冷やさない コロナウイルスは咳などを通じて飛沫感染しやすい。 ウイルスは咳により、鼻や口、呼吸器に侵入していくし、飛沫したウイルスが電車のつり革、パソコンやエレベーター、便座のボタン、ドアノブ、受話器、手すりなどに付着し、そうしたウイルスに手を触れ、口や鼻から体内へと入っていく。 よって、新型肺炎の予防法も一般の風邪やインフルエンザと同じでよい。

次の