薬師丸 ひろ子 ヌード。 【薬師丸ひろ子】「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗|日刊ゲンダイDIGITAL

芸能界”抱きたい五十路美女”は誰?「出張先の温泉で出会いたい藤あや子」

薬師丸 ひろ子 ヌード

プロフィール 名前:薬師丸 ひろ子(やくしまる ひろこ) 本名:薬師丸 博子(やくしまる ひろこ) 生年月日:1964年6月9日(52歳) 出生地:東京都 身長:154. 5cm 血液型:A型 所属:オフィス・メル ・1978年:映画「野性の証明」で女優デビュー。 ・1981年:得おが「セーラー服と機関銃」に出演する。 ・1985年:角川春樹事務所から独立する。 ・1991年:玉置浩二と結婚する。 ・1998年:玉置浩二と離婚する。 ・2013年:朝ドラ「あまちゃん」に出演する。 ・2014年:第65回NHK紅白歌合戦に初出場する。 薬師丸ひろ子の若い頃の活躍がヤバイ!? 女優として現在も大活躍しているのが薬師丸ひろ子さんですよね。 薬師丸さんは女優としてはもちろん、歌手としても大活躍をしています。 そんな薬師丸さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。 では、薬師丸さんの若い頃の活躍とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、薬師丸さんは中学三年生の時に角川映画の映画「野性の証明」のオーディションに合格し、そのまま1978年に女優デビューをしています。 このオーディション合格については、角川春樹さんが薬師丸さんの将来性を見抜いて強く推したことで合格したと言われていて、当時から薬師丸さんには光るものがあったのだとか。 そして、1980年には映画「翔んだカップル」で映画初主演をし、1981年に映画「セーラー服と機関銃」に出演して大ヒットをしています。 さらに、「セーラー服と機関銃」の中で歌った主題歌「セーラー服と機関銃」も大ヒットし、女優と歌手の双方で大人気となりました。 スポンサーリンク この時点ですでに国民的な人気を得ていた薬師丸さんなのですが、その後も映画「探偵物語」や「Wの悲劇」が大ヒットし、ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しています。 このように薬師丸さんは10代の頃から大ヒット作に多く出演し、その演技力が高く評価されているのですが、若い頃の活躍がヤバイですよね。 そして、そのように活躍しながらも薬師丸さんは玉川大学に入学して学生生活を送り、その後1985年に角川春樹事務所から独立して映画「野蛮人のように」や「タスマニア物語」などに出演しています。 90年代以降も多くのドラマや映画に出演をしているのですが、2000年代になってからもドラマ「1リットルの涙」や映画「ALWAYS三丁目の夕日」、ドラマ「あまちゃん」などに出演して高い評価を得ています。 このように薬師丸さんは、10代の頃から大活躍していることが分かるのですが、今後もそんな薬師丸さんは大活躍していきそうですね。 スポンサーリンク 薬師丸ひろ子のあまちゃん出演の驚きの裏側とは!? 薬師丸ひろ子さんは、これまでに数多くの大ヒット作品に出演しているのですが、最近だと朝ドラ「あまちゃん」に出演していますよね。 近年の朝ドラの中でも大ヒットとなった「あまちゃん」なのですが、薬師丸さんの「あまちゃん」出演の裏側について注目されているそうです。 では、薬師丸さんの「あまちゃん」出演の裏側とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、薬師丸さんにとって「あまちゃん」は、初のNHKの朝ドラ出演作となったのですが、オファーが来た当初は、オファーを断るつもりだったそうです。 しかし、宮藤官九郎さんの書いた脚本を読んで、あまりに面白いので出演を決めたのだとか。 撮影前に5週目までの台本が手渡されたそうなのですが、脚本に魅了されてわずか30分ほどで読み終えてしまったそうです。 そして、そのように宮藤さんの脚本に魅せられた薬師丸さんは、 「自分が出る出ないに限らずに、見続けるドラマになる。 」 と思ったのだとか。 ただ、そのように「あまちゃん」に出演することを決めた薬師丸さんなのですが、大女優の鈴鹿ひろ美役を演じることについては、少し不安な部分もあったそうです。 スポンサーリンク 鈴鹿ひろ美という役柄は、音痴の大女優という役柄だったのですが、女優や歌手として長年活躍している薬師丸さんは、上手くその役柄が演じられるのか自信がなかったのだとか。 確かに、演技も歌も上手な薬師丸さんが音痴の女優を演じるのは、逆に難しいですよね。 しかし、宮藤さんの台本をよく読んで、その一字一句を見逃さず演技に臨んだのだとか。 そうしたこともあって音痴な大女優という役柄を見事に演じきった薬師丸さんなのですが、ドラマの中で使用された「潮騒のメモリー」をドラマの中で生歌で披露した時には、薬師丸さん自身が監督に生歌で歌うことを提案していたそうです。 音痴だった鈴鹿ひろ美がお客さんの前で生歌を披露し大盛り上がりとなったシーンなのですが、歌手としても高い評価を受けている薬師丸さんだからこそ成功できたシーンですよね。 さらに、薬師丸さんは2013年の年末の紅白歌合戦の中でも「潮騒のメモリー」を生歌で披露して大絶賛されています。 オファーを受けた当初はオファーを辞退しようと考えたり、演じる役柄を不安に感じていたなど、大ベテランの薬師丸さんらしからぬ姿が意外だったのですが、まさに薬師丸さんの「あまちゃん」出演の驚きの裏側ですよね。 中学生の頃から角川春樹さんの猛プッシュがあって女優デビューし、その後も女優や歌手として大ヒットを連発し若い頃の活躍が話題になった薬師丸さんなのですが、オファーを受けた当初「あまちゃん」に出演するつもりはなかったものの、脚本を読んでその出演を決め、生歌のシーンも見事に成功させるなどその裏側が注目されているのですが、そんな薬師丸さんは今後も大活躍していきそうですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

【薬師丸ひろ子】「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗|日刊ゲンダイDIGITAL

薬師丸 ひろ子 ヌード

アイドル女優の先駆者とはいえ五十路界では新参者となる 薬師丸ひろ子を抑え、 藤あや子が堂々の4位と健闘した。 「華やかさは他に追随するものなし。 舞台を下りた一人の女としても現役ツヤツヤ生活を送っていそう」(大分県・63歳・内装業) 演歌、いや艶歌界の大御所に思いのたけをぶちまけるのは、芸能評論家の佐々木博之氏だ。 「定番ですが、北陸の一杯飲み屋にいそうなタイプです。 どうせなら出張先の温泉宿でドラマチックに出会うのもいい。 湯船につかると、借金を作ったダメ夫に逃げられた独り身の女将がガラリと戸を開け、『お背中流しましょ』。 まさに男のロマンを感じさせます」 こんな願ったりかなったりの1人旅ならまたよし。 惜しくもベスト5を逃した6位の 真矢ミキには、こんなヨコシマな妄想が炸裂する。 「真面目で優等生タイプの真矢女史にはSMプレイが似合いそうです。 荒縄で縛り上げ、ねちっこく責めたてる。 いくら抵抗しても決して締めつける力は緩めない。 『ヤメて! ヤメなさい!』とあがく苦悶顔を見てみたい」(前出・佐々木氏) もはや熟女好きの妄想は爆発モードである。 7位の かたせ梨乃に対しては、さらにお下品な幻想が渦巻く。 「聡明なかたせさんですが、その分、セックスでは理性を忘れた猛獣のようなプレイが期待できるハズ。 年下男が相手なら、一晩で2~3回戦では離してもらえないと思ったほうがいいでしょう。 全てを吸い尽くされ、最後は男の腰が抜けるまで何度でもイカされることになりそう」(徳光正行氏) たとえ、志半ばで腹上死を遂げても、これぞ男の本懐と言えよう。 「昔からのファンだが、今でも衰えぬ容姿はまさに美熟女そのもの。 巨乳アイドル時代に透け乳首を披露していた覚えがありますが、一度でいいからフルヌードを見せてほしい」(神奈川県・65歳・自営業) 往年のファンを見放さない、その美熟女ボディは健在だ。 「袋とじグラビアを見るたびに、今度こそフルヌードと期待してしまうが、毎回寸止めのセミヌード。 「本人は『大食いで脂肪が付きやすいタイプ』と明かしているが、一見、痩せて見えても、胸回りや二の腕にはいい肉をまとっており、抱き心地がよさそう。 かつて手が届かなかった高根の花には、ぜひともヒモ状の面積の少ないビキニを着せて辱め、凌辱するのがオツでは」(芸能評論家・織田祐二氏) コメットさんならぬ困ったさん顔が見られそうだ。

次の

いつまでも美人な薬師丸ひろ子の高画質な画像・壁紙!

薬師丸 ひろ子 ヌード

有栖川珠子、20歳の小説家。 天才の名を欲しいままにしてきた彼女だったが、最近は執筆活動に熱が入らない。 そんな珠子を元気づけようと、友人たちがコテージを訪れ、花火大会を行う。 その花火大会を抜け出した珠子は、一人、夜の都会へと車を飛ばした。 そこで珠子が出会ったのは、一人の男。 軽い酔いに身を任せ、六本木の街を歩く珠子に突然ぶつかってきたその男は、強引に近くのバーに引き込む。 その男、中井英二は外人娼婦の用心棒を気取る裏の世界の漂流者。 彼は数時間前に兄貴とも慕う滝口に頼まれて、山西組々長が殺られた現場から拳銃の入ったバッグを預かってきたばかりだった。 周囲の目を欺くために、連れがいるのは好都合とも言えた。 この偶然の出会いに、珠子の心は妙に揺さぶられた。 英二もこの見知らぬ女の持つ雰囲気に、言いようのない関心を抱き始めていた。 そんな二人の前に、黒づくめの服を着た男たちが、突然立ちはだかる。 [人情](C)東映 小学生の時に、劇場で観て以来、 私の中で邦画No. 1の大好きな作品。 夏の終わり。 青い海。 海辺の白い家… たくさんの花火… 音楽も好きで、大人になってサントラを探して購入した。 あれから30年も経ってしまったが、 今日観ても、何もかもが色褪せず…懐かしいけど、古くない。 そして…今だに、憧れが詰まっている。 特に好きな場面は、 チャプター16の シーリングファンが回る部屋で マリリン・モンローのような白いホルダーネックのドレスを着たキュートな珠子と、スマートでカッコいい英二。 花火で敵に応戦している束の間、 2人が手を繋いで数回クルクルと回る場面。 スローモーションで…少しだけダンスをしているかのような… 美しい絵のような、1番好きな場面。 そして、自分の誕生日が定かでない英二が 抱き締めた珠子に Happy birthdayを伝え、 自分も今日を誕生日にする、と言う所が個人的にキュンとしてしまう。 当時の薬師丸ひろ子は、 少女から大人へ メイクやファッションが 少し背伸びした感じだけど彼女らしくて可愛らしいし、 柴田恭平は、大追跡から数年経ち…あぶない刑事出演の数年前で、 大追跡のコミカルな感じだったのが、 この作品では、身のこなし 銃を構える姿が様になっており、とても素敵に変身している。 2人の良さが、とてもいかされている作品だと思う。 ストーリーも解りやすく、偶然が繋がっていく様が面白い。 メイキング等、特典映像も盛りだくさんで 是非、Blu-ray Disc化して欲しい、私には大事な作品。

次の