トヨタ ラグビー。 2006

トヨタ自動車ヴェルブリッツ、活動再開およびトップリーグ2020参戦・2019年度退団スタッフと新体制のお知らせ|ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

トヨタ ラグビー

ラグビートヨタからまたコカイン所持で逮捕者出たのか。 トヨタ、試合できひんのとちゃうか。 W杯あって盛り上げてる時に、水をさすなぁ。 — さといも satoimo54 コカイン所持でトヨタ自動車のイエーツが逮捕された件、数日前に樺島も捕まっているし、もはや「ラグビー界の大事件」の域をはみ出しちゃっているんじゃない? 容疑者の所属クラブはもちろん、日本協会、選手会も含めて対応がめっちゃ問われますやん。 今回逮捕された部員が不仲で財布に忍ばせたという一縷の望みはあるかもしれんが(そこまで庇ってどうする)。 ラグビーなんだから15分の2じゃん。 電気グルーヴなんかメンバーの半分がコカイン捕まってるぞ。 — キリンソーメン sobietatsukuso コカインや薬物中毒に筋トレは意味無いのはトヨタのラグビー選手や清原見れば分かるよね — ちくわ joowy トヨタのラグビーチーム選手が芋づるでコカインで捕まった話わりとつまらん。 日本のラグビー自体がワールドカップ終わったらオワコン(トップリーグからぬける)なので、今回逮捕された数人は代表ではないから、いらん選手をチームごと処分したいみたいな話だったら面白いが。。。 樺島は否認してるみたいだが、チームの蔓延を疑われてもしょうがない状況だ、、、 低迷してたチームが復調しかけてきた矢先にこれはショック。 — こぶた Bv0NbwEOhJyvF1R せっかくあと少しでラグビーワールドカップが日本で開催されるのにまたトヨタの選手がコカイン所持で逮捕されたって信じられない。 — 誰がカバやねん! roostersfrom80 残念な事にさ~。 ラグビー選手が捕まったんだよ。 コカインで。 なんで、そんな物に手を染めちゃうのかな~。 そう、思わない?。

次の

トヨタラグビー部「廃部も考えた」W杯後活動再開

トヨタ ラグビー

JRFU岡村会長「日本ラグビーの根幹を揺るがす事態」 逮捕されたイエーツ容疑者はニュージーランド出身で、ポジションはFB(フルバック)。 過去には、母国で7人制代表にも選ばれたこともある。 同容疑者は2008年にトヨタ自動車に加入し、2015年には日本国籍も取得した。 愛知県警によると、今月20日に逮捕された樺島容疑者の捜査の過程で、イエーツ容疑者の関与が浮上したという。 逮捕容疑は27日、名古屋市内の自宅の寝室でポリ袋に入ったコカイン若干量を所持した疑い。 イエーツ容疑者は「所持すると法律に違反すると十分認識していた」と容疑を認めている。 県警はコカインの入手経路を調べている。 同容疑者の逮捕を受け、日本ラグビーフットボール協会(JRFU)の岡村正会長は27日、 「先の事件(編注:樺島亮太容疑者の逮捕)に続いてジャパンラグビーTLのトヨタ自動車ヴェルブリッツ所属選手が、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されたことは誠に慙愧(ざんき)に耐えません。 日本ラグビーの根幹を揺るがす大変な事態だと承知しております。 ラグビーファンのみならず、日本中の皆様にご不快、ご不審の念を抱かせることになりましたこと、心より深くお詫び申し上げます」 と、コメントを発表した。 TL杯出場自粛、事前販売チケットは払い戻し トヨタ自動車は樺島容疑者の逮捕後、22日に開幕したTL杯の出場を自粛するなど、活動を中止している。 JRFUは、対戦予定だった相手チームを、すべて「不戦勝」とし、事前にチケットを購入していたファンには「払い戻し」を行うなど、対応に追われている。 対象となるのは、以下の5試合。 ・6月23日=三菱重工相模原ダイナボアーズ戦(岩手県・いわぎんスタジアム) ・6月29日=キヤノンイーグルス戦(静岡県・エコパスタジアム) ・7月6日=釜石シーウェイブスRFC戦(岩手県・釜石鵜住居復興スタジアム) ・7月13日=コカ・コーラレッドスパークス戦(愛知県・パロマ瑞穂ラグビー場) ・7月20日=クボタスピアーズ戦(東京都・秩父宮ラグビー場) ヴェルブリッツは、6月28日、JRFUを通じて、 「この度、弊部部員が連続して重大な法令違反により逮捕されたことに対し、心よりお詫び申し上げます。 フェアプレーの世界に身を置くアスリートが、反社会的行為により逮捕されたことは極めて遺憾に感じております。 今後の警察の捜査に対し、引き続き全面協力していくことは勿論、当該部員に対しましては、捜査の状況を踏まえ厳正に対処いたします」 と、謝罪文を発表している。

次の

トヨタ自動車ヴェルブリッツ

トヨタ ラグビー

1823年、イングランドのラグビーという町にあるパブリックスクール(名門私立学校)、「ラグビー校」でフットボールの試合中にウィリアム・ウェッブ・エリス少年がボールを抱えたまま相手のゴールを目指して走り出したことが起源とされています。 それは「No side ノーサイド 」、「One for all, all for one」、そして「キャプテンシー」です。 NO SIDE 「試合が終われば敵も味方もなく、同じ仲間だ」という精神のことを指します。 また、試合終了の合図としても使われる言葉です。 野球でいう「GAME SET ゲームセット 」にあたります。 One for all, all for one 「一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために」の意味で、一つの目的(点を決める)の為に、全員が役割をしっかりと果たすことが大切であるということです。 キャプテンシー サッカーや野球の試合などで監督が試合中に指示をだす場面を見たことはないでしょうか。 実はラグビーは試合中に監督が指示をだすことができません。 試合が始まったら、キャプテンをリーダーとし、選手一人ひとりが責任を持って試合に挑むこと。 それをキャプテンシーといいます。 トップリーグでは、スターティングメンバー15名と8名のリザーブメンバー(合計23名)で試合が行われます。 サッカーや野球の様に、自由に背番号が選択できる訳ではなく、ポジションによって決まっています。 ポジション ポジションエリア ポジション名 背番号 フォワード(FW) フロントロー プロップ(PR) 1・3 フッカー(HO) 2 セカンドロー ロック(LO) 4・5 バックロー フランカー(FL) 6・7 ナンバーエイト(No. 8) 8 バックス(BK) ハーフバック スクラムハーフ(SH) 9 スタンドオフ(SO) 10 スリークォーターバック ウィング(WTB) 11・14 センター(CTB) 12・13 フルバック フルバック(FB) 15• 重さは410~460gで5号のサッカーボールとほぼ一緒です。 ペナルティーゴール(3点) 対戦相手がペナルティーをしたところからゴールポスト内へと蹴ります。 成功すれば、3点獲得です。 ドロップゴール(3点) プレイ中、ボールを自分の前でワンバウンドさせてゴールポスト内へと蹴ります。 成功すれば、3点獲得です。 ボールを持っている選手はボールを前に進めるために、蹴ることができます。 投げてパスをすることもできますが、投げる場合は前にはパスできず、後ろにしか投げることができません。 これもラグビーの大きな特徴と言えるでしょう。 前へ投げてしまえば、「スローフォワード」(Throw forward)という反則です。 また、ボールを前に落としてもだめです。 「ノックオン」(Knock on)という反則をとられます。 すなわち、ボールが自チームのインゴールに近づいてくるのを防ぐのです。 ボールを持っている選手を追っかけ、選手をタックルし止めます。 タックルされた選手はボールを手から離し、タックルされた選手もタックルした選手もその場から離れなければなりません。 離さなかった場合、「ノットリリースザボール」(Not release the ball)という反則です。 その場から離れなかった場合、「ノットロールアウェイ」(Not roll away)という反則です。 サッカーの様に、ラグビーにも様々なプレイ再開方法があります。 フリーキック フリーキックで再開する場合、キックする方法や方向に決まりはありませんが、直接ゴールを狙うことはできません。 ペナルティーキック ペナルティーキックも方法や方向は自由ですが、直接ゴールを狙うことができます。 反則があった地点またはその後方へ伸ばした、タッチラインと平行な線上からキックできます。 ラインアウト サッカーでいう、スローインに似ています。 ボールがタッチラインの外をでた場合のプレイ再開方法です。 反則していない側の選手がタッチラインからフィールド内へボールを投げます。 フィールド内では各チームの選手が並び、ボールを奪い合います。 ペナルティーキックをしてボールがタッチラインの外を出た場合、キックしたチームがスローインできます。 このルールをうまく利用したプレイはよく試合中みられます。

次の