サイケデリック 意味。 LOVE PSYCHEDELICOのユニット名の由来・意味

サイケデリック・ミュージック

サイケデリック 意味

どうも、Psykeです。 トランスといえど、裾野は非常に広いです。 細かい分類も、これだけあります。 もし興味があれば覗いていってください! さて今回は、作者が考える「 トランスの魅力」について、簡単に書いてみようと思います。 おこがましいですが、この記事を読んで曲を聴いてサイケを好きになってくれる人がいたら嬉しいです!• 束縛の中でこそ創造力が発揮される トランスは ジャンルとしての縛りが非常に厳しい音楽といえます。 も130〜とおおよその相場が決まっていますし、主要なビートの刻み方も数えるほどしかありません。 ポップやEDM、ハウスなどのメジャーな音楽と比べると、圧倒的に発展性が無いように見えてしまいます。 しかし、サイケの沼をよく掘ってみると、必ずしもそうではないことが見えてきます。 例えば、新しいアーティストが毎年現れ、新しいスタイルが続々と研究されています。 DEKEL、Klipsunなどが良い例ですね。 またここ数年、Armin van Buuren率いるダッチトランス勢もサイケの消化を始め、サイケとオランダのトランスの両方で表現の多様化が進んでいます。 Arminのサイケについて書いた記事はこちら! MaRLoもなかなか面白いサイケを作るトランスアーティストです。 ジャンルとしての団結感 最近はVini Viciなどの台頭によって人気が増してきていますが、トランスのルーツはあくまでもです。 サイケを作ってもまず儲かりません。 しかしそれでもサイケのアーティストを志す人は後を絶えません。 商業性ではなく、純粋にその ジャンルへの愛ゆえに、作曲に取り組んでいるアーティストが数多くいます。 こちらは、オフビートサイケで有名になってきたドイツ人アーティスト、Day Dinのショートドキュメンタリー。 時には苦しい生活を強いられながらも、レーベル仲間と助け合って音楽を繋いでいく。 そんな彼らの勇ましい姿が描かれています。 病的なものは美しい 美しさには、病的な要素が付随していると思います。 美しい花も、いつかは枯れる。 止まない雨もなければ、永遠の晴れもない。 どんなに美しい夢でも、いつかは覚めてしまう。 裏、汚さがあってこその美しさです。 そんな 諦観・無常観・悲壮感を湛えた曲が、トランスには数多くあります。 特にサイケは、こうした感情表現がとても豊かです。 個人的な感想ですが、こうした作品と比べると、EDMには暗部を抱擁してくれる面が欠けているように感じられてしまいます。 明るさで上書きするような印象、と言いましょうか。 トランスは、ダンスミュージックでありながら、悲壮感を湛えている。 非常に現代的だと思います。 ランニングに使える 僕自身、最初はEDMをランニングに使っていました。 ただ一つ思うのは、 EDMは速度感に欠ける、ということです。 ランニング曲のBGMとしては、着地のペースに合ったものがいいですよね。 ですが、そんな曲がちょうどよく降ってくるとも限らないわけです。 それに対しトランスは、デフォルトで曲に 速度感、 推進力があります。 が着地のペースと合わなくても、十分に走れるんです。 僕のランニングプレイリストの中核は、こんな曲です。 メトランスに分類されますね。 サイケを好きになって2年ほどになりますが、まだまだ未知のアーティストが溢れています。

次の

「サイケデリック」とは

サイケデリック 意味

定義 [編集 ] サイケデリック体験とは、(幻覚剤を指す英語の)に誘導される一時的なである。 意識のサイケデリックな変性状態とは、一般的に普通の(シラフの)状態に比べて、高次の(高い、超越的な)状態といった特徴がある。 例えば、心理学者の ベニー・シャノン ()はアヤワスカによるトリップの報告から、中毒中に起きていることが真実とみなされ、普段認識している世界を幻想とする評価が一般的であると述べている。 同様に、心理学者のはLSDの体験をこう説明する。 「存在の本質への複雑で啓示的な洞察…それは典型的には、日々の生活において共有されている認識や信念よりも、この知識には究極的に意味があり『真実』であるという確実感を伴う 」哲学者の アラン・ワッツ ()によれば、サイケデリック体験は道教や禅での意識の変容に似ているものであり、こう説明する。 「不完全な知覚の矯正あるいは病気の治療に近く…さらなる事実を知りたい、より高い技術を得たいという欲望の進展ではなく、むしろ誤った習慣や見方を捨て去るということです 」 らによる1964年の『』 原題 The Psychedelic Experience では、サイケデリック体験とは、規模と内容に制限のない体験だが、言語的概念・時間空間の超越、自我やアイデンティティの超越だとされる。 らによる『サイケデリック・ドラッグ』の第4章は「サイケデリック体験の特性」であり、ある逸話が一般的な体験であるかのように誤解されやすいが、その体験は幅広く夢や神話のように多様であり、数十の体験が直接引用されている。 4000以上のセッションを行ってきたスタニスラフ・グロフの『深層からの回帰』も、膨大で多様な体験の記録である。 語源 [編集 ] psychedelic(サイケデリック)という言葉は、ハンフリー・オズモンドが作り出したもので、意味は「心をあらわにする」ということで、psyche(心)に作用する幻覚剤の能力が由来である。 アシッド・トリップはLSDによるサイケデリック体験を指している。 「トリップ」という言葉はアメリカ軍の科学者が生んだもので、1950年代にLSDの実験を指していた。 バッド・トリップ [編集 ] 詳細は「」を参照 バッド・トリップ(bad trip、薬物による一時的な精神病など)は心を乱し、不快で、恐ろしく、サイケデリック体験をトラウマと変えうる。 より強い作用が生じる高用量の摂取により起こりやすい。 症状はぼんやりした不安感や疎外感から、おさまらない恐怖、完全な狂気、または 宇宙崩壊 ()までである。 精神療法における サイケデリックに関する専門家 ()は、不快な体験は有害で好ましくない不要なものであるとみなされるのではなく、適切に対処された場合に大きな恩恵を得る可能性もあるものだと説明している。 バッドトリップは、不慣れだったり、薬物使用者が無責任であったり、がないといったことでより悪くなり、体験の過程での対処されていない心理的な葛藤がきっかけとなりそれが反映される。 シロシビンの用量と体験に関する研究が実施され 、研究者は半分の低用量でも神秘的な体験だという特徴が生じることに変わりはないが、不安と恐怖を感じることが5分の1に減少するとしている。 その適用 [編集 ] 神秘的・宗教的体験 [編集 ] サイケデリック体験には、神秘的・宗教的な経験的現象のあらゆる側面が含まれる。 (の成分)による2つの研究は、確実に神秘的な種類の経験のきっかけになると結論している。 ジョンズ・ホプキンス大学におけるより新しい研究は、「神秘主義尺度」(mysticism scale)と呼ばれる質問票が含まれている、非日常体験である変性状態のために設計されたいくつかの質問票によって神秘体験を識別した。 また幻覚剤には、世界中で宗教的に使用された長い歴史があり、しばしばと呼ばれており、それはこうした種類の体験を生じさせる傾向が理由である。 現代宗教においても、やのように、サイケデリック体験を中心とした信仰と宗教的な活動が存在している。 霊や祖先の世界と対話する方法だと見なされる。 個人の発達 [編集 ] サイケデリック体験には、明らかにグノーシスのような性質があり、意識を高め個人的な発達に深く貢献するような学習体験である。 このため、アヤワスカやシロシビン含有キノコのような一部の植物に由来する幻覚剤は、時に「植物の先生」(plant teacher)と呼ばれる。 同様に、シロシビンと神秘主義に関する研究の追跡調査を行った研究者によれば、シロシビンは、行動、態度、価値観における長期的な変化を予測できるような、個人的でスピリチュアルな重要な神秘体験を起こすものである。 オルダス・ハクスリーの遍在精神説 [編集 ] 詳細は「」を参照 サイケデリック療法とは、 psyche、心 の有益な探索を助けるための幻覚剤の使用に関わる的な行為である。 薬物を伴うそのセッションでは、心理療法家は、患者が内的な体験を探索できるよう非指示的に支援する。 薬物によるセッションの前に、患者には準備のための心理療法が行われ、またセッションの後ではその体験を統合するために行われる。 幻覚剤に基づく精神医学の初期の施術者は、イギリスの精神科医である ハンフリー・オズモンド ()であり、彼がサイケデリックという言葉を造語している。 オズモンド自身のLSDの使用は、統合失調症を有する彼の患者の内的な精神状態の理解を助けたと言っている。 もこの分野の実践者であり、心理療法におけるLSDの使用を開拓した。 グロフはサイケデリック体験を「無意識的な精神機能の非特異的増幅」だと特徴づけ、の理論である、未解決の原初的な出生時の外傷の記憶の観点からLSD体験の現象学を分析した。 サイケデリック体験による自我の死は、末期の病気の患者(末期がん患者など)が自身の通常の自分勝手な価値観の外から、理性的に死に近づくことを可能とする。 迫り来る、避けられない死の苦痛を対処し理解できるものとすることを研究は証明している。 生から死への移行が、単に人生のひとつの歩みだと理解できる。 こうした取り組みは、ハーバーUCLA医療センターのチャールズ・グロフによって積極的に進められている。 関連項目 [編集 ]• 大麻と時間認識 ()• 意識の8回路モデル () 注釈 [編集 ]• よく知られた幻覚剤にはLSDやシロシビン含有のマジックマッシュルームなどがある 出典 [編集 ]• Shanon, Benny 2002. The antipodes of the mind : charting the phenomenology of the Ayahuasca experience Reprinted ed. New York: Oxford University Press. 205. 978-0-19-925292-3. The holotropic mind : the three levels of human consciousness and how they shape our lives 1st paperback ed. , [Nachdr. ] ed. San Francisco, Calif. : HarperSanFrancisco. 9780062506597. 訳書『深層からの回帰』は原著1992年版の翻訳。 Leary, Alan W. Watts ; with a new introduction by Daniel Pinchbeck ; foreword by Timothy; PhD; PhD, Richard Alpert, 2013. The joyous cosmology : adventures in the chemistry of consciousness Second ed. 9781608682041. 4-89350-319-7。 The Psychedelic Experience: A Manual Based on the Tibetan Book of the Dead, 1964. この著書の日本語訳には「サイケデリック体験」という訳語が何度も登場する。 、ジェームズ・B. 4-87502-321-9。 Psychedelic Drugs Reconsidered, 1979• Goldsmith, Neal. Psychedelic Healing. Thorne, Tony 2014. 978-1-4081-8180-5. マーティン・A. 4-8074-9203-9。 , LSD Psychotherapy; passim• Griffiths, Roland R. ; Johnson, Matthew W. ; Richards, William A. ; et al. 2011. Psychopharmacology 218 4 : 649—665. Maia Szalavitz 2011年6月16日. TIME. 2017年4月12日閲覧。 ; Johnson, Matthew W. ; Griffiths, Roland R. 2011. PDF. Journal of Psychopharmacology 25 11 : 1453-1461. の13 October 2013時点によるアーカイブ。 ; ; 2001. Plants of the gods : their sacred, healing, and hallucinogenic powers Rev. and expanded ed. Rochester, Vt. : Healing Arts Press. 0892819790. 翻訳『図説快楽植物大全』(東洋書林、2007年、 978-4-88721-726-3)• Aeon. 2019年4月4日閲覧。 Luis Eduardo Luna. 2016年4月19日閲覧。 Griffiths, Roland R; Johnson, Matthew W; Richards, William A; Richards, Brian D; Jesse, Robert; MacLean, Katherine A; Barrett, Frederick S; Cosimano, Mary P et al. 2018-01-01. Journal of Psychopharmacology 32 1 : 49—69. 4-58276-115-1。 Multidisciplinary Association for Psychedelic Studies 2013年1月4日. 2014年5月31日閲覧。 Sessa, Ben 2015. Psychedelic Drug Treatments. 1936420449. エロウィド. 2016年4月19日閲覧。 Stanislav Grof ; 2008. LSD psychotherapy 4th ed. Ben Lomond, Calif.? : Multidisciplinary Association for Psychedelic Studies. 0979862205. Grof, Stanislav 1976. Realms of the human unconscious : observations from LSD research. New York: Dutton. 0-525-47438-2. さらに読む [編集 ]• Eds. Psychedelic Reflections. 1983. New York: Human Sciences Press. 13-14 ISBN 0-89885-129-7.

次の

ヒッピー

サイケデリック 意味

定義 [編集 ] サイケデリック体験とは、(幻覚剤を指す英語の)に誘導される一時的なである。 意識のサイケデリックな変性状態とは、一般的に普通の(シラフの)状態に比べて、高次の(高い、超越的な)状態といった特徴がある。 例えば、心理学者の ベニー・シャノン ()はアヤワスカによるトリップの報告から、中毒中に起きていることが真実とみなされ、普段認識している世界を幻想とする評価が一般的であると述べている。 同様に、心理学者のはLSDの体験をこう説明する。 「存在の本質への複雑で啓示的な洞察…それは典型的には、日々の生活において共有されている認識や信念よりも、この知識には究極的に意味があり『真実』であるという確実感を伴う 」哲学者の アラン・ワッツ ()によれば、サイケデリック体験は道教や禅での意識の変容に似ているものであり、こう説明する。 「不完全な知覚の矯正あるいは病気の治療に近く…さらなる事実を知りたい、より高い技術を得たいという欲望の進展ではなく、むしろ誤った習慣や見方を捨て去るということです 」 らによる1964年の『』 原題 The Psychedelic Experience では、サイケデリック体験とは、規模と内容に制限のない体験だが、言語的概念・時間空間の超越、自我やアイデンティティの超越だとされる。 らによる『サイケデリック・ドラッグ』の第4章は「サイケデリック体験の特性」であり、ある逸話が一般的な体験であるかのように誤解されやすいが、その体験は幅広く夢や神話のように多様であり、数十の体験が直接引用されている。 4000以上のセッションを行ってきたスタニスラフ・グロフの『深層からの回帰』も、膨大で多様な体験の記録である。 語源 [編集 ] psychedelic(サイケデリック)という言葉は、ハンフリー・オズモンドが作り出したもので、意味は「心をあらわにする」ということで、psyche(心)に作用する幻覚剤の能力が由来である。 アシッド・トリップはLSDによるサイケデリック体験を指している。 「トリップ」という言葉はアメリカ軍の科学者が生んだもので、1950年代にLSDの実験を指していた。 バッド・トリップ [編集 ] 詳細は「」を参照 バッド・トリップ(bad trip、薬物による一時的な精神病など)は心を乱し、不快で、恐ろしく、サイケデリック体験をトラウマと変えうる。 より強い作用が生じる高用量の摂取により起こりやすい。 症状はぼんやりした不安感や疎外感から、おさまらない恐怖、完全な狂気、または 宇宙崩壊 ()までである。 精神療法における サイケデリックに関する専門家 ()は、不快な体験は有害で好ましくない不要なものであるとみなされるのではなく、適切に対処された場合に大きな恩恵を得る可能性もあるものだと説明している。 バッドトリップは、不慣れだったり、薬物使用者が無責任であったり、がないといったことでより悪くなり、体験の過程での対処されていない心理的な葛藤がきっかけとなりそれが反映される。 シロシビンの用量と体験に関する研究が実施され 、研究者は半分の低用量でも神秘的な体験だという特徴が生じることに変わりはないが、不安と恐怖を感じることが5分の1に減少するとしている。 その適用 [編集 ] 神秘的・宗教的体験 [編集 ] サイケデリック体験には、神秘的・宗教的な経験的現象のあらゆる側面が含まれる。 (の成分)による2つの研究は、確実に神秘的な種類の経験のきっかけになると結論している。 ジョンズ・ホプキンス大学におけるより新しい研究は、「神秘主義尺度」(mysticism scale)と呼ばれる質問票が含まれている、非日常体験である変性状態のために設計されたいくつかの質問票によって神秘体験を識別した。 また幻覚剤には、世界中で宗教的に使用された長い歴史があり、しばしばと呼ばれており、それはこうした種類の体験を生じさせる傾向が理由である。 現代宗教においても、やのように、サイケデリック体験を中心とした信仰と宗教的な活動が存在している。 霊や祖先の世界と対話する方法だと見なされる。 個人の発達 [編集 ] サイケデリック体験には、明らかにグノーシスのような性質があり、意識を高め個人的な発達に深く貢献するような学習体験である。 このため、アヤワスカやシロシビン含有キノコのような一部の植物に由来する幻覚剤は、時に「植物の先生」(plant teacher)と呼ばれる。 同様に、シロシビンと神秘主義に関する研究の追跡調査を行った研究者によれば、シロシビンは、行動、態度、価値観における長期的な変化を予測できるような、個人的でスピリチュアルな重要な神秘体験を起こすものである。 オルダス・ハクスリーの遍在精神説 [編集 ] 詳細は「」を参照 サイケデリック療法とは、 psyche、心 の有益な探索を助けるための幻覚剤の使用に関わる的な行為である。 薬物を伴うそのセッションでは、心理療法家は、患者が内的な体験を探索できるよう非指示的に支援する。 薬物によるセッションの前に、患者には準備のための心理療法が行われ、またセッションの後ではその体験を統合するために行われる。 幻覚剤に基づく精神医学の初期の施術者は、イギリスの精神科医である ハンフリー・オズモンド ()であり、彼がサイケデリックという言葉を造語している。 オズモンド自身のLSDの使用は、統合失調症を有する彼の患者の内的な精神状態の理解を助けたと言っている。 もこの分野の実践者であり、心理療法におけるLSDの使用を開拓した。 グロフはサイケデリック体験を「無意識的な精神機能の非特異的増幅」だと特徴づけ、の理論である、未解決の原初的な出生時の外傷の記憶の観点からLSD体験の現象学を分析した。 サイケデリック体験による自我の死は、末期の病気の患者(末期がん患者など)が自身の通常の自分勝手な価値観の外から、理性的に死に近づくことを可能とする。 迫り来る、避けられない死の苦痛を対処し理解できるものとすることを研究は証明している。 生から死への移行が、単に人生のひとつの歩みだと理解できる。 こうした取り組みは、ハーバーUCLA医療センターのチャールズ・グロフによって積極的に進められている。 関連項目 [編集 ]• 大麻と時間認識 ()• 意識の8回路モデル () 注釈 [編集 ]• よく知られた幻覚剤にはLSDやシロシビン含有のマジックマッシュルームなどがある 出典 [編集 ]• Shanon, Benny 2002. The antipodes of the mind : charting the phenomenology of the Ayahuasca experience Reprinted ed. New York: Oxford University Press. 205. 978-0-19-925292-3. The holotropic mind : the three levels of human consciousness and how they shape our lives 1st paperback ed. , [Nachdr. ] ed. San Francisco, Calif. : HarperSanFrancisco. 9780062506597. 訳書『深層からの回帰』は原著1992年版の翻訳。 Leary, Alan W. Watts ; with a new introduction by Daniel Pinchbeck ; foreword by Timothy; PhD; PhD, Richard Alpert, 2013. The joyous cosmology : adventures in the chemistry of consciousness Second ed. 9781608682041. 4-89350-319-7。 The Psychedelic Experience: A Manual Based on the Tibetan Book of the Dead, 1964. この著書の日本語訳には「サイケデリック体験」という訳語が何度も登場する。 、ジェームズ・B. 4-87502-321-9。 Psychedelic Drugs Reconsidered, 1979• Goldsmith, Neal. Psychedelic Healing. Thorne, Tony 2014. 978-1-4081-8180-5. マーティン・A. 4-8074-9203-9。 , LSD Psychotherapy; passim• Griffiths, Roland R. ; Johnson, Matthew W. ; Richards, William A. ; et al. 2011. Psychopharmacology 218 4 : 649—665. Maia Szalavitz 2011年6月16日. TIME. 2017年4月12日閲覧。 ; Johnson, Matthew W. ; Griffiths, Roland R. 2011. PDF. Journal of Psychopharmacology 25 11 : 1453-1461. の13 October 2013時点によるアーカイブ。 ; ; 2001. Plants of the gods : their sacred, healing, and hallucinogenic powers Rev. and expanded ed. Rochester, Vt. : Healing Arts Press. 0892819790. 翻訳『図説快楽植物大全』(東洋書林、2007年、 978-4-88721-726-3)• Aeon. 2019年4月4日閲覧。 Luis Eduardo Luna. 2016年4月19日閲覧。 Griffiths, Roland R; Johnson, Matthew W; Richards, William A; Richards, Brian D; Jesse, Robert; MacLean, Katherine A; Barrett, Frederick S; Cosimano, Mary P et al. 2018-01-01. Journal of Psychopharmacology 32 1 : 49—69. 4-58276-115-1。 Multidisciplinary Association for Psychedelic Studies 2013年1月4日. 2014年5月31日閲覧。 Sessa, Ben 2015. Psychedelic Drug Treatments. 1936420449. エロウィド. 2016年4月19日閲覧。 Stanislav Grof ; 2008. LSD psychotherapy 4th ed. Ben Lomond, Calif.? : Multidisciplinary Association for Psychedelic Studies. 0979862205. Grof, Stanislav 1976. Realms of the human unconscious : observations from LSD research. New York: Dutton. 0-525-47438-2. さらに読む [編集 ]• Eds. Psychedelic Reflections. 1983. New York: Human Sciences Press. 13-14 ISBN 0-89885-129-7.

次の