ミニマ リスト あつし。 【無印良品】ミニマリストは買うべきか。無印良品のミニウエストポーチ。

ミニマリストの全持ち物リスト!リュック1つで海外生活ができるよ

ミニマ リスト あつし

私の同居人はマレーシア人パートナーのタムタム。 彼は買い物大好き、もらい物大好き、所有している洋服や靴は私の倍以上あるでしょう。 それ、いらないよね?ってもの「安かったから」「使うかもしれないから」と理由で嬉々として家に持ち込みます。 ミニマリトを目指したい方は私のように「家族のもの」に対してモヤモヤっとした気分になっている方が多いのではないでしょうか。 家族のせいで理想のミニマルライフが遠ざかる、、、と眉間にシワを寄せる前に「物をため込んじゃう人」の行動や心理を探って、妥協案を見つけていきましょう。 え?それは捨てなくてもいいんじゃない?クローゼットにしまっておけばいいじゃん。 もったいないよ。 だから、ごっそりと物を捨てたい時は彼の不在時にこっそり捨てています。 (捨てたことには気づいていない) 彼の行動からその心理を探ると、• もらえるものは必要不必要に関係なくもらっておかなかければ損!• 安かったら買わなければ損!• まだ使えるものなら捨てるのは損! 人間には損失回避(物を失うことを避ける・嫌う心理)が本能として備わっています。 だから、彼の行動も損失回避で一般的にはまぁそこまで大きな問題ではないのかもしれません。 ただ、一緒に暮らしているパートナーと「モノの所有」という部分で価値観がズレズレなんです。 上手くやっていくには歩み寄りや妥協も必要なわけでして。 ミニマリストを目指す私からマキシマリストの同居人への妥協案 床やテーブルに物を置きっぱなしにすることは彼も好まないので、物は基本的には寝室のおおきなクローゼットに片付けています。 クローゼット内の3分の1は私の荷物、あとは彼の洋服やら靴やらなんだかんだが「窮屈そうに」収納されています。 だって、家賃だって半々でやってるんだから彼が収納スペースのほとんどを使うのは不平等。 寄付は「損」ではなく、「誰かの役に立っている行為」だから。 台所も彼がどこからかもらってきた食器や調理器具、お菓子作りの道具、食品用ラップやサンドイッチをいれる袋などで収納スペースは余裕がありません。 冷蔵庫も食べ物でパンパン。 なぜ毎日のように食品の買い物をしてくるのか謎。 空いているスペースに物を入れておくこと、使えるものを保管しておくことは悪いことじゃないよ、、、、と100%納得はいかないようでしたが、しばらく様子をみてみることにします。 まとめ 人それぞれの考え方や価値観はできるだけ尊重して、お互い気持ちよく生活できるようにしたい、と思っています。 自分だけの意見を押し付けるのではなく、相手の意見もきちんと聞いて、落としどころを探っていくのが大切ではないでしょうか。 【関連記事】 パートナーはモノは多いけど綺麗好きだし、「損をしたくない」という気持ちはモノに対してだけで、募金や人助けは喜んでする人です。 見習う部分もたくさんある人なので、「ブランデーグラスをもらってきた」というだけで、イライラしている私の器が小さく思えてきました。

次の

ミニマリストの全持ち物リスト&欲しいものリストまとめてみた

ミニマ リスト あつし

僕はモノが少ないおかげで大まかな掃除は簡単にできるけど、細かい部分の掃除はたまにするくらいです。 ミニマリストであり、そして丁寧でもある 当然ですが、こういった人もいますよね。 とはいえ、僕の感覚としては、たぶん 10%以下ですかね。 そもそも人間はめんどくさいことが嫌いな人が多数なので、必然的に「いかにめんどくさいことをやらないか」を考えるミニマリストが多いのかなと思います。 僕も「めんどくさいことをやるなら、その時間で他のことをやりたい」と思っていますからね。 「めんどくさいこと」をめんどくさいと感じなかったり、「家事を丁寧にできる」というのは、ある種の才能なのかなと思ったりしています。 結論:丁寧にできなくても、ミニマリストにはなれる というわけで、「丁寧な暮らし」はできなくても、ミニマリストにはなれますよ。 過去の僕は「北欧風な部屋とかおしゃれだな、、、」みたいな感じで、「丁寧な暮らし」に憧れたりもしたことありました。 しかし今思うと、めんどくさがりのほうが大多数なこの世界では、たぶん丁寧な暮らしができるのは一部の人ですよね。 丁寧な暮らしには、ゆとりが必要な話 丁寧に暮らすには、たぶんゆとりが必要です。 必要なゆとりは、下記です。 朝からハンドドリップでコーヒーをいただく• オートミールで作るお菓子で、ティータイム• ハーブを使った自家製の化粧水で、お手入れ こういった暮らしはとても素敵ですが、とはいえ、時間にゆとりがある人じゃないと無理そうですよね。 割と金銭的ゆとりがないと、厳しそうですよね。 もしくは、安いインテリアをそれっぽく見せられる圧倒的なセンスがあるとかですね。 丁寧な暮らしアンチは、本当は丁寧に暮らしたい人たちかもです これに限った話じゃないですが、何かを批判する人というのは、ただの嫉妬だったりします。 「丁寧な暮らしとかムカつく」という感情の裏に潜む感情は、下記です。

次の

玄関含め11.4㎡でコンパクトに暮らすミニマリストの部屋を紹介【大阪市】

ミニマ リスト あつし

高校3年生 2012年 から動画投稿を開始しておりYouTubeは2017年2月から本格的に投稿開始。 猫たちの下僕として日夜お世話をさせていただいている。 猫たちの家庭教師も努め、日本語やマナーなどを教えている。 動画の企画・編集・撮影等を担当しており。 給料は煮干し5g。 大きな耳と凛々しい顔つきでイケメン猫として成長している。 性格は大人しくビビリ、ただあつしに対してはデレデレでとにかく甘えん坊。 ほかの猫にも優しく、まさにお兄ちゃんのような存在。 タレ目になった時のいわゆる「困り顔」が非常に人気で、可愛くなったりブサイクになったりとにかく顔のバリエーションが多いため美容系YouTuberとして活動している。 性格は穏やかだが、好奇心旺盛で危ないことに挑戦してはあつしを困らせている。 お風呂が大好きで普通に湯船に入れたりする。 体が弱く持病もあるがとても活発で誰よりも遊ぶ。 先輩猫と非常に相性がよく、本当の子供のように愛されている。 顔つきは非常に幼く子猫のようだがこれで完全体、尻尾が短く丸くなっているのが特徴的。 人見知りしないため、訪れた友人などはニックが大好きになって帰っていくほどの天然の人たらし。 その時の動画が現在500万再生を超える動画に…!当時暮らしていたアパートでは猫が3匹飼えなかったためどうしようか悩んでいたら実家に住む妹が一目惚れをし、そのまま実家に引き取られ実家猫の1員となった。 若い頃はやんちゃでよく噛み付いていたが、2歳を超えてから少し落ち着き、ハルちゃんが来てからはデレデレのお兄ちゃんへと変わっていった(たまに噛むけど)。 大の男好きで基本的に人見知りせず男がいれば駆け寄っていく不思議な猫。 尻尾が異常に長いのと、背中の模様的にティッシュ箱に例えられる。 可愛い。

次の