仏壇 鳴らす。 仏壇の「チーン」となるアレ。どのくらいご存知ですか?|終活ねっと

仏壇にあげるお線香の本数と鐘を鳴らす回数 お墓参りには何本? | 知恵の焦点

仏壇 鳴らす

「チーン」となる仏具、叩き棒の正式名称は チーンと鳴らす仏具の名称はお鈴ですが、その横においてある叩き棒の名称は何と言うかというと、あれは鈴棒(りんぼう)、または撥(ばち)、と言います。 この鈴棒(りんぼう)でお鈴の縁をチーンと叩いてお経の区切りの合図やリズムを取る意味で使われています。 チーンと鳴らすお鈴は金で出来た物もある お鈴の材質は大抵が真鍮製のものが多いが、中には驚きの金でできたお鈴もあります。 一般に仏壇で使われる鈴は、鉢状か壺状をしており、大きさも二寸三分(約7cm)から五寸(15cm)程度の大きさのものが用いられていますが、寺院用では直径が6寸以上のものを用います。 仏壇用で無くて、お寺にある大きいのは? 家庭で用いるのは、お鈴ですが寺院用のは大きさも違うのと、色も違います。 また名称も磬子「けいす」または「きんす」といい、お鈴と違って色も黒く、漆を塗っており、縁も厚くなっています。 この磬子の場合、叩くとチーンという可愛い音でなく、ゴーンと低い音が長く続きます。 鳴らす回数など、マナーを確認しましょう 「チーン」とならす回数は? お鈴を鈴棒で叩く回数は、特に決まっていません。 「これからお参りします」と、ご先祖に気持ちが届くようにチーンと鳴らしましょう。 1回でも2回でもかまいません。 要はあなたの気持ちが大切なのです。 回数については決まっていませんが、間違っても乱暴な叩き方はいけません。 チーンと鳴らす時の注意について お鈴を鳴らすときは、上から叩くのではなく、本当は横から叩くのが作法です。 鈴棒を逆さにして、親指と人差指で挟んで、軽くお鈴の上の縁を左から振り子を振るように叩くと、チーンといい音がします。 また、周りに置いてある線香や、ろうそくに触ることなく叩けて安全です。 仏壇でお鈴を鳴らすことの意味は? 仏壇でチーンとお鈴を鳴らすことの意味は、仏壇におられるご先祖さまへの挨拶です。 朝、学校や会社にでかける時にも、鈴をチーンと鳴らして手を合わせて「おはよう御座います、今日も行ってきます」と挨拶をして出かける事で、その日の無事を先祖にお願いして出かけるのです。 仏壇にご飯をを供えるときにもチーン お鈴をチーンと鳴らすのは、なにもお経をあげたり、外出や帰宅した時の挨拶だけではありません。 仏壇に朝のご飯を供える時や、お彼岸やお盆にお供えをするときなどにも、チーンと叩いて「今からお供えをしますので、どうか召し上がってください」と念じながら手を合わせご挨拶します。 仏壇の前のお鈴にも色んな形があります お鈴にも様々な形の物があります。 一般的には、お鈴台の上に乗ったお椀の形をしたお鈴を能く見かけますが、それ以外にも手で持ち、軽く横に振って鳴らす形のお鈴や、おわん型ではなく球形のものまであります。 現在の住まいに合わせたモダンなお鈴です。 仏壇以外での使い道は? お鈴は仏壇以外では使いません。 このお鈴はお寺での木魚と同じ働きで、お経をあげる時などに、このお鈴を叩いてリズムをとっているのです。 宗派によっては手に持って振り子のように鳴らすお鈴もあります。 密教ではこれを鈴(れい)といい独鈷鈴(どっこれい)や三鈷鈴(さんこれい)があります。 チーンと効果音として使われる事も 仏壇の前に置かれているチーンと鳴らす仏具のお鈴は、効果音として使われる事もあります。 実際にお鈴の音は心に落ち着きをもたらお鈴す音色です。 心が乱れた時や、落ち着かせたい時などは、仏壇の前に座して、お鈴をチーンと鳴らして黙想すると心が穏やかになります。 色が変ってきたお鈴の手入れ方法は? お鈴を長く使っていると、酸化して黒ずんできます。 これは、お鈴が真鍮でできている為に起こる現象です。 このお鈴の黒ずんだ汚れは、金属磨き粉を使うと綺麗に蘇ります。 仏具屋さんや、ホームセンターなどでも売っているので時々磨いてあげると喜ばれると思います。 まとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

仏壇の鐘(かね)=仏具の鈴(リン・りん)の役割と鳴らし方

仏壇 鳴らす

お椀型の仏具をりんと呼びますが、新しく仏壇を購入したときには、一緒に用意してほしい仏具の一つになります。 新しく仏壇を買ったばかりだと、りんと言われてもよくわからず、 「りんにはどんな種類があるの?」 「りんの鳴らし方、お手入れの方法がわからない・・」 「新しくりんを買うときに気をつけないといけないことは?」 など、りんについてこんな疑問があるのではないでしょうか。 今回は、おりんの意味や役割、おりんの種類や相場価格、おりんの鳴らし方やおりんのお手入れまで、おりんについてみていきます。 おりんとは おりんという言葉は知らなくても、一度は目にされていると思いますが、おりんとは、仏壇に備えられているお椀型の鈴ことで、 梵音具(ぼんおんぐ)という音を出す仏具のひとつになります。 おりん以外にも音を出す梵音具があり、お寺にある 木魚 もくぎょ や鐘も梵音具に含まれます。 おりんは、もともと禅宗で使われていた仏具でしたが、近年では宗派を問わず広く使われていて、宗派によっては、 鏧 きん)、 鈴(りん)、 鐘(かね)と呼び名が変わる場合もあります。 この記事では、おりんという呼び方で書き進めていきますが、鏧、鈴、鐘と呼ぶ地域である場合も同義としてご理解していただければと思います。 おりんの意味 おりんが備えられた仏壇を見かけることは多く、仏壇に手を合わせる前にチ〜ンと鳴らすと澄みきった音を出すおりんですが、おりんを備える意味は2つあります。 おりんを備える意味の一つ目は、人々の邪気を祓うと言われていて、二つ目は、供養や祈りをおりんの音に乗せて、極楽浄土に届けると言われています。 このような意味があるおりんですので、おりんを鳴らすときは故人やご先祖さまへの供養と祈りを込めて鳴らすようにしてください。 おりんの役割 おりんの役割は3つあります。 一つ目は、 周囲の空気を清らかにするということです。 おりんを鳴らしたときに響く澄みきった音は、その場の空気を清浄する役割があります。 お葬式で僧侶が入場するときにおりんを鳴らしながら歩くのは、葬儀会場を清めるためでもあります。 二つ目は、 故人にお祈りをしていることを伝えることです。 おりんの音は極楽浄土にまで届くと言われていて、おりんを鳴らすことで、故人に「あなたのためにお祈りをしています」と故人に知らせる役割があります。 三つ目は、 読経の調子を整えるということです。 読経のときに鳴らすおりんには、読経の音程やリズムを合わせるための役割があります。 おりんの基本 お椀型の鈴をおりんと言いますが、おりんだけでは音を出しにくくので、おりん以外にも必要な仏具があります。 おりんの基本は、 りん棒、りん台、りん座布団の組合せになります。 りん棒は、おりんを鳴らすための専用の棒で、りん棒でおりんの縁を鳴らすのが一般的になります。 りん台は、おりんを仏壇に直接置かずにりん台に置くのが一般的になり、浄土真宗本願寺派と大谷派ではりん台の形に違いがあります。 浄土真宗本願寺派は、六角形型または丸型のリン台を使い、浄土真宗大谷派では、四角形のりん台を使います。 また、りん座布団をおりんとりん台の間に敷いて、おりんが傷つかないないようにクッション的な役割があります。 浄土真宗大谷派では、りん座布団を使わずに、金襴輪(きんらんわ)という輪状のものをりん台とおりんの間に置きます。 おりんの素材 おりんの素材は、 真鍮と亜鉛を混ぜ合わせた合金で作られているですが、金属の種類や合金の比率により、さまざまな種類があります。 おりんの素材で基本になる真鍮は、変色しにくく、傷つきにくく、耐腐食性も高いという性質があるので、永く使うことができます。 おりんの種類 おりんには、鉢型、印金 いんきん 、高台りんの 3つの種類があり、それぞれの特徴についてみていきます。 一つ目は、 鉢型です。 鉢型は、おりんの基本的な形で、見た目は鉢や壺のような形をしています。 二つ目は、 印金 いんきん です。 印金は、携帯用のおりんになり、お墓での法要などで僧侶が使うことが多く、イメージとしては、ハンドベルのような感じで、手で持ってりん棒で音を鳴らします。 また、印金は携帯用なので、袖の中にも入れられる小型タイプになります。 三つ目は、 高台りんです。 高台りんは、おりんがワイングラスのような形をしているので、りん台を必要としないのが特徴になります。 近年では、おりんのサイズや形状、素材によってさまざまなバリエーションがあり、一見しておりんとわからないくらいおしゃれなものもあります。 おりんの作法と鳴らし方 仏壇でお参りをするときのおりんの作法は、線香をあげた後、合掌する前におりんを鳴らすことになります。 おりんをたたく場所は、縁をたたくとキレイな音が出るのですが、宗派によっては縁の内側をたたくこともあります。 仏壇のおりんは鳴らさない? 仏壇をお参りするとき、おりんは鳴らさないといけないのではと考えている人が少なくありませんが、実は おりんは 鳴らさなくてもいいのです。 おりんを鳴らすのは、読経をするときだけで、それ以外は、鳴らす必要はありません。 中には、鳴らさないとお参りをした気にならないと思われる人がいるかもしれませんが、鳴らさなくても大丈夫なのです。 おりんの鳴らし方 おりんの鳴らし方は宗派によって違いがあり、おりんの内側をたたく、縁をたたく、外側をたたくなどの違いがあります。 読経のときに鳴らすおりんですが、経本にはおりんをたたく箇所が明示されていて、読経の始まり、区切り、終わりなどにおりん鳴らします。 宗派ごとに違いがあるおりんの鳴らし方ですが、日本にある代表的な宗派のたたき方についてみていきます。 浄土宗のおりんの鳴らし方 浄土宗のおりんの鳴らし方は、読経をするときだけに限られていて、読経をしないお参りでは、おりんを鳴らすことはありません。 浄土真宗のおりんの鳴らし方 浄土真宗のおりんの鳴らし方は、勤行 ごんぎょう を行うときにだけおりんを鳴らします。 勤行とは、仏前でお経を読んだり、礼拝することで、お勤めとも言われます。 また、浄土真宗本願寺派は、始めに2回、途中に1回、最後に3回鳴らします。 真言宗のおりんの鳴らし方 真言宗のおりんの鳴らし方ですが、鳴らす回数は2回とされていて、1回目は優しく鳴らし、2回目は少し強目に鳴らします。 曹洞宗のおりんの鳴らし方 曹同宗のおりんの鳴らし方ですが、3回鳴らすお寺があったり、縁の内側を2回鳴らすお寺があります。 おりんはどこで買える? おりんは、 仏壇店や仏具店、 通信販売やインターネットで販売されていて、最近では ホームセンターでも買えることもあります。 おりんを買うときに気をつけてほしいことが2つありますので、それぞれについてみていきましょう。 おりんのサイズ おりんを買うときに気をつけたいのは、おりんのサイズです。 おりんのサイズは、寸で表記されているので、 1寸が約3cmということを覚えておいてください。 例えば、6寸のおりんだと直径18cmになるので、仏壇の大きさと比較して、バランスが取れるようなおりんを買うようにしてください。 おりんの音色 おりんを買うときに気をつけたいことに、おりんの音色があります。 おりんの音色は、おりんの大きさ、形、厚みなどにより違います。 おりんの特徴は、澄みきった音なので、おりんを買うときは音の良し悪しにも気をつけてください。 一般的には、大きなおりんは低い音を出し、小さなおりんは高い音が出ます。 仏壇仏具店では、実際に音を聞くことができ、また、インターネットのショッピングサイトでも音色を試聴できるサイトもあるので、おりんを買う前に音色も確認するようにしてください。 おりんの価格 おりんの価格は、小 さな仏壇に使うおりんだと10,000円くらいで、 大きな仏壇に使うおりんになると、20,000〜30,000円くらいが相場になります。 おりんを含めた仏具セットというものがあり、7点セットで10,000円くらいで販売されていたり、職人さんが作った一点もののおりんだと、100万円を超える高価なおりんもあります。 りんのお手入れ おりんのお手入れは基本的に乾拭きで、日常的にはほこりを払う程度で大丈夫です。 また、おりんに変色などがあれば、仏具仏壇店、通販やインターネットショッピングサイトなどで、おりん専用のクリーナーを購入してください。 専用のクリーナーなどを使って本格的なお手入れをするときは、柔らかい布を使うようにしてください。 また素手でおりんを触ると、おりんに手の脂がつき、汚れてしまうことがあるので、白い手袋をはめて、素手では触らないようにしてください。 りんの磨き方 おりんの磨き方ですが、研磨材が入った金属磨きを使うか、仏具仏壇店で専用のクリーナーを使って磨くようにしてください。 磨き方は、新聞紙や柔らかい布に研磨材、専用クリーナーをつけて、おりん全体に塗っていき、優しく磨いていきます。 黒い汚れが出てきたら、乾いた布などで拭き取れば磨きは完了します。 また、サビなどが出てきたときは、おりんを料理用のお酢に浸けてみてください。 しばらくすると、サビが浮いてくるので、水洗いをすればサビ落としが完了します。 りんの買い替え 専用のクリーナーや、磨きをしても汚れなどが落ちないときは、買い替えを考えてみてください。 汚れたおりんを使い続けるのも悪くはないでしょうが、新しいおりんでお参りをすると、故人やご先祖様に対しても新たな気持ちで供養やお参りができるのではないでしょうか。 まとめ ここまで、おりんの意味や役割、おりんの種類や相場価格、おりんの鳴らし方やおりんのお手入れまで、おりんについてみてきました。 宗派ごとに慣らし方などの違いはありますが、一般の家庭ではおりんの作法や鳴らし方にこだわらず、仏壇に向かって供養するということのほうが大切ではないでしょうか。 仏壇の前に座って線香をあげ、手を合わす前に1〜3回くらいを目安におりんを鳴らし、故人やご先祖様を想いながら供養やお参りをするようにしてください。

次の

仏壇に手を合わせる前に、「ち~ん」と鳴らすやつありますよね?あ...

仏壇 鳴らす

こんにちは、家族葬のウィズハウス スタッフの二唐です。 仏壇で手を合わせる時に「チーン」と鳴らす、お椀型の仏具の名称をご存知でしょうか。 この仏具は「りん」と言い、読経やお参りの際に鳴らします。 今回はこの「りん」のお作法についてのお話です。 りんの意味や役割、基本の鳴らし方や宗派による作法の違いなどをご紹介します。 まずは仏壇での「りん」の基本を知ろう 「りん」とは、仏壇に備えられる一般的な仏具でお椀型の鈴のことです。 仏前で手を合わせる時やお経を唱える際に鳴らします。 もともとは禅宗で使われていた仏具ですが、現在では仏教宗派を問わず使われています。 近年はりん台を使用しない場合も多くなりましたが、基本としてはりん台と呼ばれる台の上にりん布団を置き、その上に置かれたりんを専用の仏具「りん棒」を使って鳴らします。 りん棒を弾ませるようにしてりんのフチを軽く叩くと、澄み切った良い音が響きます。 仏教におけるりんの役割は主に3つです。 ・澄んだりんの音で人々の邪念を祓う(はらう) ・りんを鳴らす音に乗せて供養や祈りを極楽浄土へ届ける ・読経の始まりや終わりの区切りとして鳴らす 読経の際に鳴らすのが本来の使い方なのですが、読経時以外にもお参りの際に鳴らす場合もあります。 仏壇で「りん」を鳴らす際のお作法 仏壇へお参りをする際にりんを鳴らす場合は、線香をあげた後、合掌をする前に鳴らします。 りん棒でりんのフチをたたくときれいな音が出ますが、宗派によってフチの内側をたたく場合もあります。 叩く回数は1~3回で宗派によって異なりますが、お参りの際に鳴らす場合はそこまで気にしなくても問題ありません。 宗派によって異なるりんの作法 宗派によってりんの作法やマナーが異なる場合があります。 代表的なものをご紹介します。 1回目は優しく、2回目は少し強めに叩きます。 合掌礼拝時には鳴らしません。 りんの作法やマナーは、宗派はもとより、同じ宗派であってもお寺によって作法が異なる場合もあります。 厳密に寺院のしきたりに則って鳴らしたいという方は、菩提寺の僧侶に聞いてみると良いでしょう。 「りん」のお手入れ方法も確認 りんは金属でできているため、時間が経つと色が変色してしまうことがあります。 日常的には柔らかい布やタオルでさっと拭くだけで問題ありませんが、りんの色がくすんできたり変色してしまったら、りん専用のクリーナーを使って清掃しましょう。 初めは目立たない部分で少量使ってみて、変色などがないか確認してから全体に使います。 お手入れの際には白手袋などをはめて行うと良いです。 素手でりんを触ると手の油が付着し、りんが変色する原因になってしまいます。 専用クリーナーでもきれいにならない、表面のコーティングが剥がれてきてしまったなどの場合は自分で元に戻すことは難しいです。 職人に手入れをしてもらうか、新しいりんの購入を検討しましょう。 ウィズハウスグループの でも、りんをはじめとした仏具を取り扱っています。 まとめ ・「りん」はお椀型をした鈴の仏具です。 りん棒で鳴らすと高く澄んだ音が響きます。 この音で人々の邪念を払い、祈りや供養を極楽浄土まで届けるとされています。 読経の区切りとしても鳴らします。 ・お参りで鳴らす場合は線香を立てた後に専用の仏具「りん棒」を使ってりんのフチを1~3回ほど叩き、その後合掌をします。 宗派やお寺によって正式な作法やマナーは異なります。 ・りんは金属でできているため時間が経つと変色してしまう場合があります。 くすみや変色が見られたらりん専用のクリーナーで清掃しましょう。 クリーナーでもきれいにならないほど汚れてしまったり、コーティングが剥がれてしまった場合は新しいりんを購入しても良いかもしれません。 故人としっかり向き合い、親しい人と想いを分かち合う、おうちのようなお見送りをご提案いたします。

次の