暯 ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ。 マイクロ゚ã‚ŗãƒŧプで検č¨ŧīŧæš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗで頭įšŽã‚„毛įŠ´ãŽæąšã‚Œã¯æœŦåŊ“ãĢčŊãĄãĻるぎかīŧŸ

æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗã¯åąé™ēīŧŸã†ãžãã„ãŖãĻぞすけおäŊ•ã‹īŊœãģめられįžŽč‚Œįŋ’æ…Ŗ

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧをäŊŋã†ã¨ã€č„‚åˆ†ãŒčŊãĄãĻさらさらãĢはãĒã‚‹ãŽã§ã™ãŒã€č„‚åˆ†ãŒčŊãĄã™ãŽãĻしぞいパã‚ĩパã‚ĩãĢãĒり、éĢĒぎぞとぞりがæ‚ĒくãĒりぞす。 č‹Ĩい世äģŖぎ斚ãĢ比ずãĻįšŽč„‚ぎ量も減りぞすし、外å‡ēãĒãŠæąšã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĒčĄŒå‹•ã‚‚å°‘ãĒくãĒるぎでåŋ…čĻãŒį„ĄããĒるぎです。

4
æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗでツヤ感をéĢ˜ã‚ã‚‹ãĢは、栚æœŦįš„ãĢéĢĒčŗĒã‚’æ„č­˜ã—ãŸéŖŸį”Ÿæ´ģで攚善するか、ツヤå‡ēし゚プãƒŦãƒŧをäŊŋãŖãĻ意å›ŗįš„ãĢツヤをå‡ēすしかãĒいでしょう。 それぞで洗いすぎだãŖたんじゃãĒいかと思ãŖãĻる。

【原äŊ“é¨“ã€‘æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗではげたīŧč–„æ¯›ãŒé€˛čĄŒã—æŠœã‘æ¯›ãŒåĸ—えるį†į”ą

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

それでは、ぞたīŧ ã“ãŽč¨˜äē‹ã§äŊŋãŖãŸå‚č€ƒæ–‡įŒŽä¸€čĻ§ å‚č€ƒå›ŗ書. 噂ãĢã‚‚čžã„ãĻいたが、åˆĨãĢį”Ÿã‚„そうと思ãŖãĻやãŖたč¨ŗではãĒい。

9
net čĻĒįˆļįĨ–įˆļæ›ŊįĨ–įˆļãŋりゃ、大æŠĩæƒŗ像つくからãĒ。 そこで「 æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗをしたから頭įšŽãŒæ‚ĒくãĒãŖたâ€Ļ」という嘘を、チェックしãĻãŋぞした。

æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗではげが攚善しãĻéĢĒはį”Ÿãˆã‚‹ãŽīŧŸ

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

おし おé…ĸをäŊŋう場éĸがあるとするãĒã‚‰ã°ãã‚Œã¯ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧとしãĻではãĒく、ãƒĒãƒŗã‚šã‚„ã‚ŗãƒŗãƒ‡ã‚ˇãƒ§ãƒŠãƒŧとしãĻです。 しかし、äēēãĢよãŖãĻは洗いすぎãĻいることãĢ気がäģ˜ã‹ãšã€éĢĒや頭įšŽãĢãƒ€ãƒĄãƒŧジを与えãĻいるといãŖた斚もいぞす。 åŧˇã„ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧをäŊŋわãĒã„ã“ã¨ã‚„ã€ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧ回数をã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢã™ã‚‹ã“ã¨ã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“åŋ…čĻã§ã™ãŒã€‚

10
é ­įšŽã‚’しãŖかり䚞かしãĻãĒい æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗåžŒã€é•ˇæ™‚é–“é ­įšŽãŒæšŋãŖたぞぞãĢãĒãŖãĻã„ã‚‹ã¨ã€é›‘čŒãŒįšæŽ–したりニã‚Ēイぎ原因ãĢãĒãŖたりしぞす。 ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧでéĢĒを洗うと、æŗĄįĢ‹ãĄãžã™ãŽã§ã€æąšã‚ŒãŒå–ã‚ŒãĻいるようãĢ感じãĻしぞうぎです。

æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗã§č–„æ¯›ã¸ãŽåŠšæžœãŒå‡„ã„īŧåŽŸčˇĩしたäŊ“験čĢ‡ã¨æŗ¨æ„į‚šīŧ

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

ãŠä¸–čžžãĢもキãƒŦã‚¤ã¨ã¯č¨€ãˆãžã›ã‚“ã€‚ 先ãģおčŋ°ãšãŸé€šã‚Šã€įšŽč„‚ãĢは様々ãĒåŊšå‰˛ãŒã‚るぎで全ãĻを洗いæĩã—ãĻしぞうぎはよくありぞせん。

čĒ°ã‚‚が思いぞすよね。

æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗãŒãƒ•ã‚ąã‚„æŠœã‘æ¯›ãĢ劚くīŧŸ やり斚を間違うと逆劚果īŧ æ­Ŗしい斚æŗ•č§ŖčĒŦ

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

ãžãšã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧ台ãĢåē§ã‚‹å‰ãĢã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグをしãĻもらい、éĢĒぎパã‚ĩつきãĢåŠšæžœãŒã‚ã‚‹ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧやトãƒĒãƒŧãƒˆãƒĄãƒŗト、さらãĢはįžŽåŽšåŽ¤ã§ã‚‚äŊŋãŖãĻいるドナイヤãƒŧãĒãŠãŽčŠąã‚’äŧēいぞした。 それらãĢč§ĻれãĒいことで、ナチãƒĨナãƒĢãĒįŠļ態ãĢäŋã¤ã“とができるでしょう。 しかし、įšŽč„‚を除åŽģã—ã™ãŽã‚‹ãŽã‚‚ãƒã‚˛ã‚‹å¯čƒŊ性がéĢ˜ããĒるぎです。

それね、äŋēも同意。 こぎ内、åĢŒãĒč‡­ã„ã‚’į™ēするぎは古いįšŽč„‚ぎ斚です。

į§ãŒæš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗをやめた6つぎį†į”ąâ€”äŊ“é¨“ã—ãŸãƒĄãƒĒットãƒģãƒ‡ãƒĄãƒĒット

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

だから、åĻŠå¨ ã—ãĻいる時は、åĻŠåŠĻがåĸ—えãĻいるようãĢæ„Ÿã˜ã‚‹ã—ã€é´ãŒč˛ˇã„ãŸã„æ™‚ã¯é´ãŒãŸãã•ã‚“į›ŽãĢå…Ĩる。 ãĒぜãĒら、éĢĒぎ毛がįĩĄãžãŖたįŠļ態で洗éĢĒをするとéĢĒãĢ非常ãĢåŧˇã„č˛ čˇãŒã‹ã‹ã‚‹ãŸã‚ã§ã™ã€‚

13
related-entry-heading::before,. īŧˆåˇĻはåĨĨぎ頭įšŽã€åŗは手前ぎéĢĒぎ毛ãĢピãƒŗト合わせīŧ‰ãžã‚、これはåŊ“į„ļですが。 。

æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗã¯åąé™ēīŧŸã†ãžãã„ãŖãĻぞすけおäŊ•ã‹īŊœãģめられįžŽč‚Œįŋ’æ…Ŗ

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗぎやり斚ãƒģæ–šæŗ• ãã‚Œã§ã¯æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗãŽå…ˇäŊ“įš„ãĒã‚„ã‚Šæ–šã‚’čĻ‹ãĻいきぞす。

3
åēļ民がåŊ“たり前ぎようãĢäŊŋうことがå‡ēæĨるようãĢãĒãŖたぎは明æ˛ģ時äģŖãĢå…ĨãŖãĻから。 äŊ•äē‹ã‚‚遊åēĻãĒäģ˜ãåˆã„斚が大äē‹ã€åƒ•ãŽã‚ˆã†ãĢé…ˇã„é ­įšŽãƒˆãƒŠãƒ–ãƒĢã‚’æŠąãˆãĻいãĒいäēēであれば ã€Œã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧ減」くらいãĢæ­ĸめるぎがベ゚トでしょう。

æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗを5嚴つãĨけた劚果はīŧŸãƒĄãƒĒットãƒģãƒ‡ãƒĄãƒĒットとやめたį†į”ą

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

é ­įšŽį’°åĸƒãŒæœŦæĨぎį†æƒŗįš„ãĒįŠļ態ãĢもおるâ€ĸ こãƒŧいうぎ騙されたと思ãŖãĻå‡ēæĨるやつがįĩæžœã‚’手ãĢするんやで。 ãƒ–ãƒŠã‚ˇã§éĢĒをとくことで、éĢĒãĢついたįšŽč„‚æąšã‚Œã‚„ãƒ›ã‚ŗãƒĒį­‰ãŽæąšã‚Œã‚’äē‹å‰ãĢあるį¨‹åēĻ取り除くことができるぎです。 åĻåŽšæ´žãŽå¤šã„æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗだが、やり斚間違ãŖãĻると思う。

12
įĩæžœã€įšŽč„‚が常ãĢたくさんį”Ÿãŋå‡ēされるぎで毛įŠ´čŠ°ãžã‚ŠãŽåŽŸå› ãĢãĒりえるâ€ĻãŖīŧâ€ĸ æ…Ŗれるぞでが大変 æ…Ŗれるぞでがæ ŧ闘です。 原際、ã‚ŋãƒŦãƒŗトぎã‚ŋãƒĸãƒĒã•ã‚“ã‚‚æš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗを原čˇĩしãĻいãĻã‚ŋãƒĸãƒĒåŧå…Ĩæĩ´æŗ•ãŽä¸€ã¤ã¨ã—ãĻį´šäģ‹ã—ãĻいぞす。

ã€ãƒã‚˛æ‚˛å ąã€‘ã€Œæš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗ」、原はéĢĒãĢクãƒĒテã‚Ŗã‚ĢãƒĢãĒãƒ€ãƒĄãƒŧジを与えãĻいたīŧīŧīŧ

ã‚ˇãƒŖãƒŗ はげ 暯

初めãĻæš¯ã‚ˇãƒŖãƒŗをした時ぎ喜ãŗはもうãƒģãƒģãƒģåŖã§ã¯č¨€ã„čĄ¨ã›ãĒいãģおでした。

17
įžãĢ酸ãƒĒãƒŗ゚という商品がありぞす。 くせ毛ãĢåŠšæžœãŒã‚ã‚‹ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧã‚’æą‚ã‚ã‚‹ã‚¸ãƒ—ã‚ˇãƒŧį”Ÿæ´ģã¯é•ˇãįļšã„ãĻいぞしたが、å‡ēį”ŖしãĻからč‡Ēį„ļ洞ぎもぎãĢ興å‘ŗを持つようãĢãĒり、äģĨæĨ「įŸŗéš¸ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧã€ã‚’é•ˇãæ„›į”¨ã—ãĻいぞした。